マンションリフォーム研究所 名古屋本店|by サイトウホーム株式会社

 お問い合わせ・ご相談  ☎︎052-934-7581

自然の湿度を調整

605 views
約 2 分

あなたがいる部屋の湿度はどれくらいですか?

マンションリフォーム研究所スタッフの近藤です。

人間が快適な湿度は、40~60%だと言われています。

でも、日本では夏は70%以上に、冬は20%以下になることがあります。
快適に過ごすには、湿度の調整が欠かせません。
昔の住宅は、ふんだんに使われた木材や
障子・ふすまに使用された紙などの自然素材が
湿度を調整していました。

それに加えて、今より気密性が低く
適度な空気の循環がありました。
それらの力が、湿度の調整に役立っていたんです。
一方、昔と比べて気密性が高くなった最近の住宅は、
冬でも湿度が70%を超えることがあります。

調湿機能のない工業製品で建てられた住宅の弱点です。

気温28度以上、湿度70%以上になると
熱中症のリスクが高まります。
カビやダニが増えやすくなるので、
ハウスダストによるアレルギーも心配です。

湿度50%以下になると、肌やのどが乾燥し、
美容にも健康にも悪影響を与えます。
湿度40%未満になると、
インフルエンザウィルスの生存率が高まります。
静電気も生じやすくなります。

湿度が変わるたびに
除湿器や加湿器で調整するのは大変です。

それに、床下や押し入れなど、
湿度調整が難しいところもあります。

そんな時、住宅そのものに湿度を調整する力があると助かりますよね。

炭や珪藻土は、湿度を調整する自然素材として注目を集めています。

しかし、その種類によって調湿機能が期待できないことは知られていません。
湿度は、人や住まいの健康に大きな影響を及ぼします。

自然素材を上手に取り入れて、健康を守りたいものですね。

ブログでは話せない情報や定期的にプレゼント付のメールマガジン配信中!!

マンションリフォーム研究所は無垢材や自然素材にこだわり 住まう人と共に呼吸する住まいづくりを提案しています。

マンションリフォームの課題解決のヒントを詰め込んだメールマガジン配信中です。

購読は無料!登録は簡単!是非ご登録ください。

 ブログでは話せない情報や定期的にプレゼント付のメールマガジン配信中!!

マンションリフォーム研究所へのお問い合わせはこちら

 マンションリフォーム研究所へのお問い合わせはこちら

記事に関する疑問、マンションリフォームに関する悩みや、リフォーム検討中の方、
お気軽にお問い合わせください。

無垢材や自然素材を家づくりは高いと思っていませんか?

新建材もタダではありません。自然素材の価値と差額で考えると自然素材を取り入れる事も可能です。

Comment On Facebook