マンションリフォーム研究所 名古屋本店|by サイトウホーム株式会社

 お問い合わせ・ご相談  ☎︎052-934-7581

マンションをリフォームしたい方へ水回りのポイントを紹介します

82 views
約 3 分
新型コロナウイルス感染症への弊社の対策について

こんにちは!マンションリフォーム研究所 スタッフの近藤です。
マンションで水回りのリフォームを検討中の方はいらっしゃいませんか。
水回りは家事の際によく利用するため、不満な部分は解消しておきたいですよね。
そこで今回は、マンションの水回りをリフォームする際の注意点と時期について説明します。

□マンションの水回りをリフォームする際の注意点について

マンションの水回りをリフォームする際には、マンションの規約と配管の位置に注意しましょう。

まず、マンションの規約について、マンションは戸建てとは異なり、所有者は大家さんです。
そのため、工事の際にはリフォームに関する規約をしっかりと確認しておかないと、ルール違反となり、トラブルが起きるかもしれません。

特に水回りのリフォームでは大規模の工事が必要になる場合もあるため、規約を確認しましょう。
また、直接管理組合の方に確認しても良いでしょう。
マンションの規約は、マンションによって異なるため気をつけてください。

次に配管の位置について紹介します。
マンションの配管は部屋の階によって異なります。
配管が異なると、工事の方法も変わるため、事前に確認しておきましょう。

□マンションの水回りをリフォームする時期について

水回りの中でも、特にお風呂、キッチン、トイレ、洗面台のリフォーム時期について確認していきましょう。

まず、お風呂は約15〜25年でリフォームするのが良いと言われています。
しかし、状態によってリフォームの必要性も変わります。
浴槽やタイルにひび割れがないか、お風呂場の入り口のフローリングが湿気によって痛んでいないかを一度確認してください。
気になる部分があれば、業者の方に相談してみるのが良いでしょう。

次に、キッチンは約15〜20年でリフォームするのがおすすめです。
キッチンの場合は、リフォームの目安として確認しておきたいことが多くあります。
その中でも特に蛇口からの水漏れ、ガスコンロの汚れ、シンク下の水漏れ、排水管の破損がある場合は、早めに相談しましょう。

次は、トイレの場合について紹介します。
便器やタンクはあまりリフォームを必要ではありませんが、排水部分などの消耗部分は約10〜20年でリフォームするのが良いでしょう。
特にトイレからの水漏れや温水洗浄便座が故障している場合は早めにリフォームを検討するのがおすすめです。

最後に、洗面台は約15〜20年でリフォームするのがおすすめです。
洗面台では、シャワーホースからの水漏れと配水管からの水漏れに注意しましょう

□まとめ

今回は、マンションの水回りをリフォームする際の注意点と時期について説明しました。
リフォームが必要な時期は、使用方法によって異なるため、気になる部分があれば業者の方に相談するのが良いでしょう。

ブログでは話せない情報や定期的にプレゼント付のメールマガジン配信中!!

マンションリフォーム研究所は無垢材や自然素材にこだわり 住まう人と共に呼吸する住まいづくりを提案しています。

マンションリフォームの課題解決のヒントを詰め込んだメールマガジン配信中です。

購読は無料!登録は簡単!是非ご登録ください。

 ブログでは話せない情報や定期的にプレゼント付のメールマガジン配信中!!

マンションリフォーム研究所へのお問い合わせはこちら

 マンションリフォーム研究所へのお問い合わせはこちら

記事に関する疑問、マンションリフォームに関する悩みや、リフォーム検討中の方、
お気軽にお問い合わせください。

無垢材や自然素材を家づくりは高いと思っていませんか?

新建材もタダではありません。自然素材の価値と差額で考えると自然素材を取り入れる事も可能です。

Comment On Facebook