マンションリフォーム研究所 名古屋本店|by サイトウホーム株式会社

 お問い合わせ・ご相談  ☎︎052-934-7581

マンションの防音リフォームをお考えの方へ!防音対策と費用についてご紹介

96 views
約 3 分
新型コロナウイルス感染症への弊社の対策について

こんにちは!マンションリフォーム研究所 スタッフの中尾です。

「マンションの防音リフォームに関心があるが知識が無くて困っている。」
このような悩みを持たれている方は多いでしょう。
そんな皆様に向けて、防音対策の例と防音リフォームにかかる費用についてご紹介します。
お客様の悩み解決に役立ててください。

□音の種類で異なる防音対策を紹介します!

今回は、足音と外部からの走行音や声に対する防音対策についてご紹介します。

まず足音対策に関して、原因が床にあるので、遮音性能に優れた床材に変更しましょう。
具体的には、畳やコルク、カーペットといった床材を敷くことで音を吸収する方法や、遮音性に優れたフローリングを選ぶことで音の響きを軽減できます。
床構造を見直すという方法も手段の1つで、フローリングをスラブに直接貼る直床を採用することもおすすめです。

次に外部からの音声対策に関して、窓をリフォームすることをおすすめします。
喧騒を避けることを重視するなら窓サッシの遮音等級をT-1以上に、車や電車の音を防ぎたい方はT-2以上にしましょう。

□防音リフォームにかかる費用を紹介します!

今回は、床のリフォームに関してご紹介します。
大きく3つの方法があります。

1つ目は、現在の床材を防音機能の付いたものに交換する場合です。
床材は、1平方メートル当たり1万から1万5千円が目安です。
フローリング代や巾木撤去代、清掃等を含めると、およそ25から30万円の費用がかかります。

2つ目は、遮音マットを床材の下に敷く場合です。
遮音マットを敷いていれば、物を床に落とした際の衝撃音が緩和されます。
吸音性をもつ素材と遮音マットを組み合わせ、防音効果をより高めた商品もあります。
取り替える材料代や既存のフローリングの撤去代を合わせると、およそ30から60万円の費用がかかります。

3つ目は、吸音性のある素材を床材の下に敷く場合です。
音を吸収する吸音性のあるグラスウールという素材をします。
断熱材にも使用されるこの素材を使用した場合、費用は作業代も含めて30から60万円かかります。

□まとめ

ここまで、マンションの防音リフォームに関心のある方に向けて、防音対策の例と防音リフォームにかかる費用についてご紹介してきました。
お客様のご理解は深まったでしょうか。
防音対策は、場所や重要視する項目に合わせて多彩な方法があります。
居住環境に合わせて、適切な方法を取るようにしてください。

ブログでは話せない情報や定期的にプレゼント付のメールマガジン配信中!!

マンションリフォーム研究所は無垢材や自然素材にこだわり 住まう人と共に呼吸する住まいづくりを提案しています。

マンションリフォームの課題解決のヒントを詰め込んだメールマガジン配信中です。

購読は無料!登録は簡単!是非ご登録ください。

 ブログでは話せない情報や定期的にプレゼント付のメールマガジン配信中!!

マンションリフォーム研究所へのお問い合わせはこちら

 マンションリフォーム研究所へのお問い合わせはこちら

記事に関する疑問、マンションリフォームに関する悩みや、リフォーム検討中の方、
お気軽にお問い合わせください。

無垢材や自然素材を家づくりは高いと思っていませんか?

新建材もタダではありません。自然素材の価値と差額で考えると自然素材を取り入れる事も可能です。