マンションリフォーム研究所 名古屋本店|by サイトウホーム株式会社

 お問い合わせ・ご相談  ☎︎052-934-7581

マンションのバリアフリーリフォームのポイントを徹底解説!

369 views
約 3 分
新型コロナウイルス感染症への弊社の対策について

こんにちは!マンションリフォーム研究所 スタッフの村山です。
長く住み慣れたマンションでも年を重ねるにつれて、部屋の段差が気になるなど暮らしにくさを感じることも多いでしょう。
そこで今回は、バリアフリーリフォームのポイントなどを解説していきます!

□バリアフリーリフォームはマンションでもできるのか?

マンションの管理組合の承認が得られれば、マンションでもリフォーム可能です。
したがって、リフォームを考えている方は管理組合の方にリフォーム可能かどうか確認をすると良いでしょう。

ひと昔の家だと、玄関などに段差があるのは当たり前で、廊下やトイレも狭く手すりもないような家がほとんどです。
このような状態では幼い子どもからお年寄りの方まで安心して暮らせる、バリアフリーな家とは言いがたいですよね。
そのため、リフォームの際に住宅のバリアフリー化をするというのは今後の暮らしのためにも非常に有意義なことなのです。

バリアフリー化のためのリフォームとして代表的なものはいくつかあります。
例えば、洗面所の段差をフラットにする、水回り設備をバリアフリー仕様のものに交換する、手すりを設置する、開き戸から引き戸に変更するなどです。

□バリアフリーリフォームのポイントとは?

*段差を無くす

最初に取り組みたいのが段差の解消です。
部屋の仕切りやドアのわずかな段差でも高齢の方や車いすの方にとっては危険な箇所なので可能な限り解消しておきましょう。
玄関などのどうしても段差ができてしまう場所には、スロープの設置や床の底上げが有効です。

*浴室やトイレのバリアフリー対策をする

介助が必要か、車いすを使っているかなど、ケースに応じて広さを調整したり手すりの設置を検討したりすると良いでしょう。
また、ドアを引き戸に変えるなどの対策も、実際の暮らしを想定しながら計画を練っていきましょう。

*住まい全体のバリアフリー対策をする

手すりの設置や段差の解消だけでなく、住まい全体でバリアフリーを考えることも大切です。
例えば、寝室とトイレを近づける、廊下を車いすでも通れるよう広くとる、足元を明るく照らす照明を設置するなどの対策が考えられます。

□まとめ

今回は、バリアフリーリフォームのポイントを紹介しました。
リフォームの計画を立てる際には、バリアフリーの考え方がとても重要になってきます。
当社でもマンションのリフォームを承っております。
リフォームをお考えの方は、お気軽にご相談ください。

ブログでは話せない情報や定期的にプレゼント付のメールマガジン配信中!!

マンションリフォーム研究所は無垢材や自然素材にこだわり 住まう人と共に呼吸する住まいづくりを提案しています。

マンションリフォームの課題解決のヒントを詰め込んだメールマガジン配信中です。

購読は無料!登録は簡単!是非ご登録ください。

 ブログでは話せない情報や定期的にプレゼント付のメールマガジン配信中!!

マンションリフォーム研究所へのお問い合わせはこちら

 マンションリフォーム研究所へのお問い合わせはこちら

記事に関する疑問、マンションリフォームに関する悩みや、リフォーム検討中の方、
お気軽にお問い合わせください。

無垢材や自然素材を家づくりは高いと思っていませんか?

新建材もタダではありません。自然素材の価値と差額で考えると自然素材を取り入れる事も可能です。