マンションリフォーム研究所 名古屋本店|by サイトウホーム株式会社

 お問い合わせ・ご相談  ☎︎052-934-7581

収納にお困りの方へ!マンションの収納リフォームの費用を解説します!

58 views
約 3 分
新型コロナウイルス感染症への弊社の対策について

こんにちは!マンションリフォーム研究所 スタッフの村山です。

「収納が足りない」
このようなお悩みをお持ち方は多いでしょう。
そこで、今回はマンションの収納リフォームの費用をご紹介します。

□マンションリフォームで収納を増やす場合の費用をご紹介!

今回は、収納場所別にかかる費用をご紹介します。

まずは、押入れをクローゼットにするリフォームをご紹介します。
こちらは、およそ15万円から25万円かかります。
すでに隙間のあるリビングや押し入れにクローゼットを設置する方が多いです。
ドアの材質や形状、デザインによって価格が変動します。

次に、クローゼットを新設するリフォームをご紹介します。
こちらは、およそ40万円から80万円かかります。
マンションの梁と柱の出っ張りにクローゼットを増設することで部屋が広く感じれるでしょう。
また、クローゼットに、ものを収納すると、よりすっきり見えるでしょう。

次に、和室をウォークインクローゼットにするリフォームをご紹介します。
こちらは、およそ40万円から200万円かかります。
使わなくなった和室をクローゼットにリフォームすることで有効的に利用できます。
使用する壁材や床材、床面積によって価格が変動します。

次に、隙間収納に関するリフォームをご紹介します。
こちらは、およそ30万円かかります。
部屋の隅の柱型と壁に挟まれた隙間に収納を造作することで活用できます。
デザインや材質によって価格が変動します。

次に、トイレの壁面収納に関するリフォームをご紹介します。
こちらは、30万円から45万円かかります。
トイレのリフォームは水回りの工事が発生する可能性があるため、注意しましょう。

最後に、玄関クロークのリフォームをご紹介します。
こちらは、60万円から150万円かかります。
木材の取り付け工事や壁の撤去が必要になる可能性があるため、計画的に見積もりすることをおすすめします。

□リフォームで収納を増やす際の注意点をご紹介!

今回は、リフォームで収納を増やす際の注意点を3つご紹介します。

1つ目は、収納は、システム収納か造り付け家具かです。
システム収納では、既存のパーツを組み合わせて制作します。
パーツの種類も多様で好みの組み合わせができます。
造り付け家具は、収納を作りたい場所に合わせてオーダーメイドで家具を造り付けます。

すべての収納を造り付け家具にしてしまうと、予算がかさんでしまうため、注意しましょう。

2つ目は、収納容量を大きく取ることです。
収納を増やし、ものを収納した直後に余裕があるように設計することが大切です。
今収納できていないものを入れたら容量がいっぱいになってしまう収納では、将来的に収納が足りなくなるでしょう。

3つ目は、マンションで行うリフォームです。
マンションで行うリフォームでは、マンションの構造に影響が出てしまう共用部分に関連する施工内容が発生する可能性があります。
マンションの管理規約を確認し、管理組合へのリフォーム申請や確認をしましょう。

□まとめ

今回は、マンションの収納リフォームの費用をご紹介させていただきました。
収納は、あらかじめ余裕のあるスペースを確保しておくことが大切です。
この記事を参考にしていただけると幸いです。

ブログでは話せない情報や定期的にプレゼント付のメールマガジン配信中!!

マンションリフォーム研究所は無垢材や自然素材にこだわり 住まう人と共に呼吸する住まいづくりを提案しています。

マンションリフォームの課題解決のヒントを詰め込んだメールマガジン配信中です。

購読は無料!登録は簡単!是非ご登録ください。

 ブログでは話せない情報や定期的にプレゼント付のメールマガジン配信中!!

マンションリフォーム研究所へのお問い合わせはこちら

 マンションリフォーム研究所へのお問い合わせはこちら

記事に関する疑問、マンションリフォームに関する悩みや、リフォーム検討中の方、
お気軽にお問い合わせください。

無垢材や自然素材を家づくりは高いと思っていませんか?

新建材もタダではありません。自然素材の価値と差額で考えると自然素材を取り入れる事も可能です。