マンションリフォーム研究所 名古屋本店|by サイトウホーム株式会社

 お問い合わせ・ご相談  ☎︎052-934-7581

マンションにお住まいの方へ!フローリングリフォームの費用相場をご紹介します!

591 views
約 3 分
新型コロナウイルス感染症への弊社の対策について

こんにちは!マンションリフォーム研究所 スタッフの村山です。

「マンションの床をフローリングに張り替えたい」
「張り替えの費用はどのくらいかかるのか」
このような疑問を持つ方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、フローリングへの張り替え相場と工法についてご紹介します。

□マンションフローリングの張り替え相場について

まず、相場についてご紹介します。
相場は床材の種類によって費用が変わるため、床材ごとにご紹介します。

カーペット・クッションフロアから、合板フローリングへの張り替え相場は、6畳で12〜15万円ほどです。
畳からの張り替え相場は、6畳で20〜23万円ほどです。
畳の場合、1万円ほど追加すると、下地処理の際に断熱材を入れられます。
冬場の寒さが気になる方は、おすすめです。

フローリングからフローリングへの張り替えは、6畳で11〜14万円ほどです。
しかし、元の床材を剥がすか否かで費用が変わるため、注意が必要です。
張り替え方や、防音対策の有無も費用に関わってくるため、きちんと確認しましょう。

以上が、フローリングへの張り替え相場でした。

□張り替え工法について

続いて、フローリングへの張り替え工法を、2つご紹介します。

*直床工法について

マンションは、1世帯ごとにコンクリートの箱をたくさん積み上げている構造です。
この箱の底面に直接床材を貼り付ける工法が、直床工法です。
上からの重ね貼りができないため、元々の工法が直床工法の場合、リフォームの際も直床工法です。
フローリング材は、直床工法専門品から選ぶと良いでしょう。

*二重床工法について

床下に、12〜15センチメートルの空間がある構造を二重床と言います。
二重床工法とは、この二重床の上に、床下地とフローリング材をのせて仕上げる工法です。
段差がないバリアフリー仕様なことが多いです。

二重床には多くのメリットがあります。
設備配管などの管理やメンテナンスが容易であること、水回りの位置を柔軟に変えられること、遮音性能を持っていることなどです。
また、張り替え方法として、重ね張り工法の選択も可能です。

□まとめ

今回は、フローリングへの張り替え相場と工法についてご紹介しました。
当初の疑問を、解決できたのではないでしょうか。
現在の床材と、張り替え工法などを考慮しながら、最適なフローリングリフォームをしましょう。
何かご不明点やご質問等がありましたら、当社へお気軽にご連絡ください。

ブログでは話せない情報や定期的にプレゼント付のメールマガジン配信中!!

マンションリフォーム研究所は無垢材や自然素材にこだわり 住まう人と共に呼吸する住まいづくりを提案しています。

マンションリフォームの課題解決のヒントを詰め込んだメールマガジン配信中です。

購読は無料!登録は簡単!是非ご登録ください。

 ブログでは話せない情報や定期的にプレゼント付のメールマガジン配信中!!

マンションリフォーム研究所へのお問い合わせはこちら

 マンションリフォーム研究所へのお問い合わせはこちら

記事に関する疑問、マンションリフォームに関する悩みや、リフォーム検討中の方、
お気軽にお問い合わせください。

無垢材や自然素材を家づくりは高いと思っていませんか?

新建材もタダではありません。自然素材の価値と差額で考えると自然素材を取り入れる事も可能です。