マンションリフォーム研究所 名古屋本店|by バルボア・スタジオ株式会社

 お問い合わせ・ご相談  ☎︎052-934-7581

マンションにお住まいの方へ!マンションリフォームでキッチンを移動させるには?

680 views
約 3 分
新型コロナウイルス感染症への弊社の対策について

こんにちは!マンションリフォーム研究所 スタッフの村山です。
皆さんはマンションリフォームでキッチンを移動させるメリットやデメリットをご存知でしょうか。
キッチンを移動することで使いやすくなると思っていても、使い勝手が悪くなってしまうケースもあります。
そのため、今回はキッチンに関するマンションリフォームをご紹介します。

□キッチンを移動したときのメリットとデメリットをご紹介!

まずは、キッチンを移動したときのメリットをご紹介します。
メリットは、家族とのコミュニケーションをしやすくなったり、調理するための動線が改善されたりすることです。
特に、アイランド型のキッチンにリフォームした場合は、家族全員での調理が可能でしょう。
しかし、対面型でもキッチンの広さは変わらないため、狭く感じることもあります。

次に、キッチンを移動したときのデメリットをご紹介します。
デメリットは、調理中の音がうるさかったり、高額な費用がかかったりすることです。
対面型やアイランド型のキッチンにすると、調理中に換気扇の音や調理の音がリビングにも響いてしまいます。
また、基本的には200万円程度の費用が必要となるため、注意しましょう。

□マンションのキッチンをリフォームする際の注意点をご紹介!

今回は、マンションのキッチンをリフォームする際の注意点を4つご紹介します。

1つ目は、限られた面積でレイアウトする際の注意することです。
マンションは戸建てと異なり、間取りを大幅に変えるのは難しいです。
その際にキッチンだけを広くすると、リビングが狭くなってしまうなどの影響が考えられます。

2つ目は、キッチンを移動させる際に注意することです。
キッチンの移動に関しては、移動できる範囲に制限があります。
床下にゆとりが無い場合、遠くに移動させると配管の勾配が無くなってしまうため、難しいでしょう。
反対に床下にゆとりがある場合は、多少遠くに動かしても十分な勾配が確保できるでしょう。

マンションの構造によって移動範囲は異なるため、図面を見ながらよく相談することが大切です。

3つ目は、マンションの管理規約に注意することです。
マンションの管理規約には、リフォームできる内容に制約があります。
床の材質に関する制約や騒音防止のための遮音等級による制約などさまざまです。
リフォームする際に管理組合の承認が必要な場合もあるため、よく確認しましょう。

4つ目は、ガスや電気の容量に注意することです。
マンションでは、一戸あたりの電気容量に上限があるため、電気の容量を上げなければいけないケースがあります。
利用するキッチン家電を考慮しながら、コンセントの数や位置、それに必要な電気の容量を確認しましょう。

□まとめ

今回は、キッチンに関するマンションリフォームをご紹介させていただきました。
マンションリフォームに関して不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
担当者が最後までサポートします。

ブログでは話せない情報や定期的にプレゼント付のメールマガジン配信中!!

マンションリフォーム研究所は無垢材や自然素材にこだわり 住まう人と共に呼吸する住まいづくりを提案しています。

マンションリフォームの課題解決のヒントを詰め込んだメールマガジン配信中です。

購読は無料!登録は簡単!是非ご登録ください。

 ブログでは話せない情報や定期的にプレゼント付のメールマガジン配信中!!

マンションリフォーム研究所へのお問い合わせはこちら

 マンションリフォーム研究所へのお問い合わせはこちら

記事に関する疑問、マンションリフォームに関する悩みや、リフォーム検討中の方、
お気軽にお問い合わせください。

無垢材や自然素材を家づくりは高いと思っていませんか?

新建材もタダではありません。自然素材の価値と差額で考えると自然素材を取り入れる事も可能です。