マンションリフォーム研究所 名古屋本店|by サイトウホーム株式会社

 お問い合わせ・ご相談  ☎︎052-934-7581

温水便座交換目安

1377 views
約 2 分

トイレの定期点検忘れずに!事故にも繋がるのです

マンションリフォーム研究所スタッフの近藤です。

温水洗浄便座の国産化が始まったのは1967年。

ちょうど50年前です。1970年代後半には洋風便器の出荷が和風便器を上回りました。

そして今、温水洗浄便座の一般世帯普及率は80%を超えています。

最終的には、どこまで数字を伸ばすんでしょうね。

■交換の目安は10年

温水洗浄便座は電気製品です。 故障した状態で使用し続けたり

経年劣化したものを交換せずに使用したために 発煙や発火、

感電などの重大事故を招いた事例があります。

それを防ぐには、

・10年を目安に交換すること

・定期的に点検して安全性を確保すること

が必要になります。

■ついでに点検する習慣を

トイレ掃除の際に点検をすれば、故障の早期発見ができます。

チェック項目は

・便座が割れていないか

・便座のゴム足が外れていないか

・便座コードにキズがついていないか

などです。

そのほか、普段使用する際に、

・温水の温度は、設定より高温又は低温になっていないか

・便座が温まらない、急に熱くなるなどの異常はないか

なども意識するようにしましょう。

■低温やけど

便座に長時間座ったり、温風乾燥を長時間使用すると低温やけどの危険性があります。

特に高齢者や介護が必要な方は注意が必要です。

新聞や本をトイレに持ち込んで長時間過ごす方も要注意ですね。

トイレは、住宅用火災報知器の設置義務の対象外。

火災の早期発見が難しいことを考えると、ちょっと怖いですね。

ブログでは話せない情報や定期的にプレゼント付のメールマガジン配信中!!

マンションリフォーム研究所は無垢材や自然素材にこだわり 住まう人と共に呼吸する住まいづくりを提案しています。

マンションリフォームの課題解決のヒントを詰め込んだメールマガジン配信中です。

購読は無料!登録は簡単!是非ご登録ください。

 ブログでは話せない情報や定期的にプレゼント付のメールマガジン配信中!!

マンションリフォーム研究所へのお問い合わせはこちら

 マンションリフォーム研究所へのお問い合わせはこちら

記事に関する疑問、マンションリフォームに関する悩みや、リフォーム検討中の方、
お気軽にお問い合わせください。

無垢材や自然素材を家づくりは高いと思っていませんか?

新建材もタダではありません。自然素材の価値と差額で考えると自然素材を取り入れる事も可能です。

Comment On Facebook