マンションリフォーム研究所 名古屋本店|by サイトウホーム株式会社

 お問い合わせ・ご相談  ☎︎052-934-7581

金利が上昇したら、どう対応しますか?

599 views
約 3 分

住宅金融支援機構の「民間住宅ローン利用者調査」によると、

「今後の金利は上昇する」と予想した人が増えたようで、

変動型・固定期間選択型の利用者が減少し、全期間固定型を選ぶ人が増加したとか。

金利上昇に伴って返済額が増加した時、どんな対応をしますか?

マンションリフォーム研究所スタッフの近藤です。

■金利タイプ別返済負担率の構成比

変動型と固定期間選択型の返済負担率構成比を多い順に見ると、

15%以内→20%以内→25%以内の順となっています。

一方、全期間固定型は、15%以内→25%以内→20%以内となっています。

■金利上昇で返済額が増加したらどうする?

最も多いのは、「返済額圧縮、あるいは金利負担軽減のため、一部繰り上げ返済する」

という回答です。そのほか、

・そのまま返済を継続(資金に余力がある人)

・金利負担が大きくなれば全額返済

・借り換えといった方法での対応を予定している人がいる一方、

「見当がつかない・わからない」という声が約2割を占めています。

■「退職金で完済」は避けましょう

住宅ローン完済までの数十年には、

・転職や休職など、収入が減るリスク

・教育費や予定外の出費など、支出が増えるリスク

・金利が上昇するリスクという、誰の身に起きてもおかしくない3つのリスクがあります。

特に50代以降は自身や配偶者の健康不安、親の介護、子供の成長による教育費増など、

収入減と支出増のリスクがより高まります。そのリスクを考慮せず、

「退職金で完済する」という計画を立てる人がいます。

しかし、退職金は将来の年金生活を支えるための柱。

収支のバランスが崩れた時の貴重な資金にもなります。

慎重に検討したいですね。

■平成28年度末の住宅ローン延滞率

住宅金融支援機構が今月公表した資料によると、

・1か月延滞率・・・0.60%

・2か月延滞率・・・0.15%

・3か月延滞率・・・0.10%

・4か月延滞率・・・0.17%となっています。

5か月以降のデータが無いのは、延滞者が

『分割で支払える権利』を失う(=期限の利益の喪失)からでしょう。

競売や自己破産を避け、毎月確実に返済するためには、

無理のない返済額に抑えることが必須です。

そのほか、収支の変化や金利上昇時に慌てないために、

手持ち資金確保の計画や借り換えなどについての

勉強もしておきたいですね。

ブログでは話せない情報や定期的にプレゼント付のメールマガジン配信中!!

マンションリフォーム研究所は無垢材や自然素材にこだわり 住まう人と共に呼吸する住まいづくりを提案しています。

マンションリフォームの課題解決のヒントを詰め込んだメールマガジン配信中です。

購読は無料!登録は簡単!是非ご登録ください。

 ブログでは話せない情報や定期的にプレゼント付のメールマガジン配信中!!

マンションリフォーム研究所へのお問い合わせはこちら

 マンションリフォーム研究所へのお問い合わせはこちら

記事に関する疑問、マンションリフォームに関する悩みや、リフォーム検討中の方、
お気軽にお問い合わせください。

無垢材や自然素材を家づくりは高いと思っていませんか?

新建材もタダではありません。自然素材の価値と差額で考えると自然素材を取り入れる事も可能です。

Comment On Facebook