マンションリフォーム研究所 名古屋本店|by サイトウホーム株式会社

 お問い合わせ・ご相談  ☎︎052-934-7581

徒歩所要時間は、実際に歩いて確かめてみましょう

69 views
約 3 分
新型コロナウイルス感染症への弊社の対策について

こんにちは!
2006年から自然素材の家づくりを名古屋地区で続けている
マンションリフォーム研究所の中尾奈津絵です。

私の周囲では、この年末年始は例年通りに外出せず、
家族と自宅でのんびり過ごす方が多かったようです。
感染リスクを減らすには良い行動なのですが、
毎年のように正月太りに悩む方にとっては、
誘惑と戦うのが大変な日々だったのではないでしょうか。

ちなみに、毎年必ず正月太りするスタッフは、
食事や間食を減らしたにも関わらず若干太ってしまったとか。
体重を戻すまでの時間が年々長引いているらしいのですが、
まあ、健康なら大丈夫…ですよね。

■徒歩所要時間とは
徒歩所要時間とは、その名のとおり、
その不動産から各施設へ徒歩移動するのに必要な時間です。
不動産広告で、よく「駅まで徒歩〇分」という記載を見かけますよね。
あの徒歩所要時間を算出するには、

・徒歩1分で80m進むものとし、端数は切り上げる
・直線距離ではなく、実際に通る道路の距離
などのように、時間を算出するためのルールがあります。

じつは、このルールには思わぬ落とし穴があるんです。
■落とし穴って?
・階段や坂など、歩行速度が遅くなりがちな部分も分速80mで計算する
・信号待ちの時間まで考慮されていないので、
 交通量や時間帯によっては大幅なズレが出る
・算出したルートが安全とは限らないので、
 安全性を優先すると大回りになる可能性がある
・団地から施設までの時間を求めるとき、該当不動産からではなく、
 その施設から最も近い団地内の場所が起点になる

■歩いてみましょう
当然ですが、親と子では1分間に歩ける距離は違います。
また、同じ子どもでも、
ランドセルを背負っている時とそうでない時とでは、
歩く速さが変わるかもしれません。
高学年なら大丈夫だろうと思える道路でも、
低学年の子には危険が多く、歩かせたくない道路もあります。

そのため、正確な徒歩所要時間を知るには、その道路を利用する家族が
利用する時と同じ負荷で実際に歩くしかありません。

利用する時間帯に合わせて親子で歩けば、交通量や安全性も確認できます。
寒い時期は大変かもしれませんが、

初めての道を親子で歩くといろんな発見があります。
お天気のいいときにでも、家族と一緒に歩いてみませんか?
ついでにバスや電車内の様子も覗いてみましょう。
満員が苦にならない方なら問題ありませんが、
できるだけ座りたい方にとっては、
車内の込み具合は大切な判断要素になりますから。
朝の5分の貴重さを思うと、
開かずの踏切や時間の短い信号のように、
所要時間を増やす要素の確認も欠かせませんね。

 

 

 

ブログでは話せない情報や定期的にプレゼント付のメールマガジン配信中!!

マンションリフォーム研究所は無垢材や自然素材にこだわり 住まう人と共に呼吸する住まいづくりを提案しています。

マンションリフォームの課題解決のヒントを詰め込んだメールマガジン配信中です。

購読は無料!登録は簡単!是非ご登録ください。

 ブログでは話せない情報や定期的にプレゼント付のメールマガジン配信中!!

マンションリフォーム研究所へのお問い合わせはこちら

 マンションリフォーム研究所へのお問い合わせはこちら

記事に関する疑問、マンションリフォームに関する悩みや、リフォーム検討中の方、
お気軽にお問い合わせください。

無垢材や自然素材を家づくりは高いと思っていませんか?

新建材もタダではありません。自然素材の価値と差額で考えると自然素材を取り入れる事も可能です。