マンションリフォーム研究所 名古屋本店|by サイトウホーム株式会社

 お問い合わせ・ご相談  ☎︎052-934-7581

マンションのバリアフリー化についてリフォームの専門家が解説します!

262 views
約 3 分
新型コロナウイルス感染症への弊社の対策について

こんにちは!マンションリフォーム研究所スタッフの中尾です。
「老後のことを考えてバリアフリーリフォームをしたい」
戸建て住宅のリフォームと違い、マンションの場合はどの程度リフォームできるのかイメージしにくいと思います。
そこで今回は、バリアフリーリフォームについて詳しくご説明します。

□バリアフリーリフォームはマンションでできるのか?

結論から申し上げますと、マンションのバリアフリーリフォームは可能です。
ただし、施工前に必ずマンションの管理組合から承認を得る必要があります。
このため、リフォームを行う場合は予め管理規約を読んで、可能なバリアフリーリフォームを把握しておきましょう。
また、マンションの場合は玄関ドアの間口を大胆に広げたり、浴室を大幅に拡張したりといった大規模な工事は困難な場合が多いです。

では、どのようなバリアフリーリフォームが可能なのでしょうか。
マンションの管理者から許可をいただいていることが前提ですが、代表的なリフォームには、手すりの設置や床の段差部分のフラット化、開き戸から引き戸への変更などがあります。

しかし、例えば構造上の問題で開き戸から引き戸へ変更できない場合があります。
この場合は、ドアノブを握力の低い人でも持ちやすいレバー状のものに変更して高齢者でも開閉しやすいようにリフォームする方法があります。
このように工夫次第で家の構造に合うバリアフリーリフォームができるので、バリアフリー化したい部分を遠慮せずに会社の方に伝えましょう。

□バリアフリーリフォームが難しい場所とは?

代表的なバリアフリーリフォームに床の段差部分のフラット化があると上述しましたが、このリフォームが困難である場合があります。
それは、洗面所やトイレの床にある段差です。
理由は、段差の下に排水管が通っているためです。
ひと昔前に建てられたマンションにはこの段差があることが多いので、これからマンションを購入される方は内見する際によく観察しておきましょう。

では、古いマンションに住んでいる場合床段差は解消できないのでしょうか。
実は、古いマンションでも床段差を解消できる方法があります。
それは、廊下や部屋などの床を高くして段差部分に合わせる方法です。
この場合、部分的なリフォームは難しくお部屋全体のフルリフォームになる可能性が高いので、他にバリアフリーできる部分はないか確認することをおすすめします。

また、上述しましたがマンションの場合は玄関ドアの間口を大胆に広げたり、浴室を大幅に拡張したりといった大規模な工事も困難である可能性が高いです。

□まとめ

本記事では、バリアフリーリフォームについてリフォーム可能な部分と困難な部分についてご説明しました。
マンションごとに多少異なるので、リフォームをご検討の際は予め管理規約を読んでおきましょう。
お住いのマンションのリフォームをお考えの方はぜひお問い合わせください。

ブログでは話せない情報や定期的にプレゼント付のメールマガジン配信中!!

マンションリフォーム研究所は無垢材や自然素材にこだわり 住まう人と共に呼吸する住まいづくりを提案しています。

マンションリフォームの課題解決のヒントを詰め込んだメールマガジン配信中です。

購読は無料!登録は簡単!是非ご登録ください。

 ブログでは話せない情報や定期的にプレゼント付のメールマガジン配信中!!

マンションリフォーム研究所へのお問い合わせはこちら

 マンションリフォーム研究所へのお問い合わせはこちら

記事に関する疑問、マンションリフォームに関する悩みや、リフォーム検討中の方、
お気軽にお問い合わせください。

無垢材や自然素材を家づくりは高いと思っていませんか?

新建材もタダではありません。自然素材の価値と差額で考えると自然素材を取り入れる事も可能です。