マンションリフォーム研究所 名古屋本店|by サイトウホーム株式会社

 お問い合わせ・ご相談  ☎︎052-934-7581

賃貸物件でマンションのリフォームをする時のポイントを解説します!

220 views
約 3 分
新型コロナウイルス感染症への弊社の対策について

こんにちは!マンションリフォーム研究所 スタッフの村山です。
賃貸物件だと購入前に部屋のデザインや設備は決まってしまっていますが、入居者にも物件に対する細かい希望はあるものです。
そこで今回は、賃貸物件がリフォーム可能かどうかとトラブルにならないリフォームについて紹介します。

□賃貸物件はリフォームできるのか?

リフォームの可否は物件やオーナーによります。
ただ、オーナーの許可なしのリフォームはNGです。
仮にちょっとした模様替えだったとしても、オーナーの方に相談するべきでしょう。
元からあるものを勝手に取り外したり、捨てたりすることも当然許される行為ではありません。

許可を得て何かを設置した場合でも、退去時に元の状態に戻す必要が出てきます。
これは、賃貸契約を交わす際に、入居者には退去時の原状回復義務が課されているからです。
経年劣化による損耗などについては入居者が修繕費用を負担する義務はありませんが、リフォームをした場合には入居者が修繕費用を負担して原状回復をする必要がでてきてしまうのです。

□トラブルにならないプチリフォーム方法とは?

*望みの設備を家具として設置する

LDKをカウンターキッチン風にしたければカウンターやワークテーブルを置いてみたり、ロフトが欲しければロフトベッドを置くなどすれば、物件に手を加えることなく望んでいる設備が手に入ります。

*つっぱり棒を活用する

様々な長さや耐荷重量のものがあり、100円ショップで手に入る手頃なものもあります。
室内物干し竿やクローゼット棚、カーテンレールや家具の耐震補強道具など、用途が非常に多様で、画鋲やピン釘を壁に打ち込みたい場合でもつっぱり棒を使えば物件を傷つける心配もありません。

*ピンや画鋲を使って固定する

これは、画鋲やピンくらいの小さい穴なら開けても構わないという物件で使える方法です。
壁紙を変えたいけれど貼り変えの許可が出なかった、という場合でも壁に布を広げて固定することで簡易的に壁の柄や色を変えられます。
また壁に絵を飾ったり、ワイヤーネットを固定して収納スペースにすることも可能です。
以上のように、実際にリフォームをしなくても工夫次第ではある程度の希望は叶えられるものです。

□まとめ

今回は、賃貸物件のリフォームについて紹介しました。
リフォームをする際は、事前にオーナーの方に相談するようにしましょう。
当社では、賃貸物件のリフォームも承っておりますので、リフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。

ブログでは話せない情報や定期的にプレゼント付のメールマガジン配信中!!

マンションリフォーム研究所は無垢材や自然素材にこだわり 住まう人と共に呼吸する住まいづくりを提案しています。

マンションリフォームの課題解決のヒントを詰め込んだメールマガジン配信中です。

購読は無料!登録は簡単!是非ご登録ください。

 ブログでは話せない情報や定期的にプレゼント付のメールマガジン配信中!!

マンションリフォーム研究所へのお問い合わせはこちら

 マンションリフォーム研究所へのお問い合わせはこちら

記事に関する疑問、マンションリフォームに関する悩みや、リフォーム検討中の方、
お気軽にお問い合わせください。

無垢材や自然素材を家づくりは高いと思っていませんか?

新建材もタダではありません。自然素材の価値と差額で考えると自然素材を取り入れる事も可能です。