マンションリフォーム研究所 名古屋本店|by サイトウホーム株式会社

 お問い合わせ・ご相談  ☎︎052-934-7581

マンションの防音リフォームを検討中の方必見!種類や費用を解説!

89 views
約 3 分
新型コロナウイルス感染症への弊社の対策について

こんにちは!マンションリフォーム研究所 スタッフの村山です。

マンションのリフォームをお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、防音リフォームです。
マンションに住んでいると、騒音問題を気にするようになる方は多いと思います。
そこで今回は、マンションで防音リフォームをするメリットとデメリット、防音リフォームの種類と費用について紹介します。

□マンションで防音リフォームをするメリットとデメリットを解説します!

1つ目は、床防音リフォームについてです。
メリットは、衝撃を吸収する床材を使うため、振動の響きを抑え、足音や洗濯機の音を最小限にできます。
デメリットは、カーペットを敷く簡単な方法よりも、費用が高くなることです。

2つ目は、壁防音リフォームについてです。
メリットは、壁の反射を防ぐことで、生活音や子どもの声、外部からの騒音を抑えられます。
デメリットは、施工の際に、吸音材や遮音シートを使うため、壁に厚みができて部屋が狭くなってしまうことです。

3つ目は、窓防音リフォームについてです。
メリットは、気密性が上がり、音漏れや屋外からの騒音を緩和することです。
デメリットは、マンションは共用部分のため、工事の許可が必要なことです。

4つ目は、防音室を用いたリフォームについてです。
メリットは、映画や音楽鑑賞、楽器演奏などを楽しめる空間ができることです。
デメリットは、防音室を設置すると部屋が狭くなることです。

5つ目は、部屋全体の防音リフォームについてです。
メリットは、部屋のスペースを有効活用して、より完全な防音効果が期待できることです。
デメリットは、工事範囲が広いため、費用が高くなることです。

□防音リフォームの種類と費用についてご紹介!

1つ目は、床防音リフォームです。
張り替えや重ね貼りの費用は、6帖で12〜20万円になります。
二重床工法の場合は、60万円前後の費用がかかります。

2つ目は、壁防音リフォームです。
壁への防音の費用は、6帖で約12〜25万円になります。

3つ目は、窓防音リフォームです。
窓の種類やサイズによって費用は変わりますが、約4〜12万円になります。

4つ目は、通気口防音リフォームです。
窓への防音と合わせて行うとより防音効果が高まります。
屋内キャップのみを変える場合は、1万円以下で、屋内の換気口も防音にする場合は、約2~5万円がかかります。

5つ目は、防音室を用いたリフォームです。
防音室には、さまざまな種類があります。
50万円するものもあれば、10万円以下で購入できるものもあります。

□まとめ

今回は、マンションで防音リフォームをするメリットとデメリット、防音リフォームの種類と費用について紹介しました。
マンションの防音リフォームには、5種類あり、全て行うことも可能です。
予算と相談して決めるようにしましょう。
マンションのリフォームをお考えの方は、お気軽に当社までご相談ください。

ブログでは話せない情報や定期的にプレゼント付のメールマガジン配信中!!

マンションリフォーム研究所は無垢材や自然素材にこだわり 住まう人と共に呼吸する住まいづくりを提案しています。

マンションリフォームの課題解決のヒントを詰め込んだメールマガジン配信中です。

購読は無料!登録は簡単!是非ご登録ください。

 ブログでは話せない情報や定期的にプレゼント付のメールマガジン配信中!!

マンションリフォーム研究所へのお問い合わせはこちら

 マンションリフォーム研究所へのお問い合わせはこちら

記事に関する疑問、マンションリフォームに関する悩みや、リフォーム検討中の方、
お気軽にお問い合わせください。

無垢材や自然素材を家づくりは高いと思っていませんか?

新建材もタダではありません。自然素材の価値と差額で考えると自然素材を取り入れる事も可能です。